2007年リサーチフェア:研究演習U

●ポスタープレゼンテーション班
「さよならエコロジー」

楽しく生きたい、おいしいものが食べたい、楽をしたい。
人間は欲深い生き物なのに、どうして環境を守りましょうなんて面倒なことを言うのだろう?
「さよならエコロジー」と題し、演劇を取り入れながら発表しました。

・ポスター1枚目
環境にいい(と言われている)ことってたくさんありますよね。
・ポスター2枚目
でも、面倒くさくないですか?
とりあえず、自分が死ぬまで資源は持ちますよ。
・ポスター三枚目
楽して生きたい。良いものが欲しい。
オ金アレバナンデモデキルヨ。
人間は欲深い生き物なのです。
・質疑応答
この発表のメインは実は質疑応答。
あなたはこの生き方に賛成ですか?反対ですか?
欲深い生き物はどうやって生きていったら良い?
・発表者たち
1時間の発表のために何ヶ月も試行錯誤を繰り返した同志たち。

・鎌田教授と発表者たち
発表が終わりホッと
笑みがこぼれる。
・奨励賞
奨励賞を受賞することができました。


●口頭発表(牧浦君)
「NPM(New Public Management)に基づく教育コンサルタント組織形成」
行政ではNPM的手法を様々な公的部門に適用させており、近年教育の分野でもその動きが見え始めている。
また、教育を取り巻く法改正が相次いでおり、その点において現場は変化への対応に追われることになり、負担も大きくなると考えられる。
学校および教師への負担の緩和と同時に質的向上が現代の教育ではなされねばならないのであり、その一つの方策として教育コンサルタント組織形成を挙げる。
そのような教育コンサルタントは学校密着型を通じて学校力の底上げにつながる可能性を持つ。


壇上の牧浦君。
U−101にて。